Your Cart: 0 items 0

コンセプトプランニング

店舗や企業、商品にあったビジネスアカウントの開設

コンセプトプランニングは「行動する前に考える」という理論に基づいています。コンセプトプランニングはビジネスアカウントの不可欠な部分です。私たちのライフスタイルでは、学校に通う、家財道具を購入するかなど、生涯のあらゆる段階で計画を立てます。 私たちは、最大限の満足を得て、活動からの目標を達成するために、予算と資源の限界に応じてライフプランニングを立てます。

いつ、何を、いつ、どこで、どのように特定のアクティビティを実行してから作業を開始するかを決定するプロセス

コンセプト管理の最も基本的かつ主要な機能

ビジネスアカウントのコンセプトプランニングは、管理の最も基本的かつ主要な機能です。 これは、組織内で実施される予定の活動の概要です。 計画とは、いつ、何を、いつ、どこで、どのように特定のアクティビティを実行してから作業を開始するかを決定するプロセスです。

それはコンセプトプランニングの形成の前に多くの思考を必要とする知的プロセスです。 計画は目標を設定し、一定のガイドラインを達成することです。 また、コンセプトプランニングとは、政策、予算の分離、将来のプログラムなどを策定することを意味します。これらはすべて、活動を成功させるために行われます。

組織内に適切なコンセプトプランニングシステムがない場合、他のすべての管理機能は役に立たない。 計画は他のすべての機能の基礎となります。

 

ノックのプランニングプロセス

  • 運用計画:運用計画は、最短1年間の短期間の運用をぷラニングしています。 これは、組織の日常業務に関係しています。 そのものが詳細で具体的です。 通常は過去の経験に基づき、 集客、認知度アップ、拡散機能面カバーします。
  • 戦術計画:戦術計画は、さまざまなビジネスアカウント単位の統合に関わるプランニングであり、日々の戦略計画の実行を保証します。 戦略目標を達成するためには、ビジネスアカウントのリソースをどのように使用すべきかが関係します。 戦術計画は、協調計画または機能計画とも呼ばれます。
  • 戦略計画:戦略計画は、5年以上の長期間トップレベルの経営陣によって策定された計画です。ビジネスアカウントは、目標を達成するための主要な目標と方針を決定します。 関係するすべての外的要因やリスクを記録し、組織の長期的な政策を立てます。 それには、強みと弱み、外部リスク、使命、計画を実行するための制御システムの決定が含まれます。